2020年の海外女子メジャー最終戦!耐えきれなかった渋野!

悪天候で順延されていた最終戦が一日遅れで再開された。

凍てつくような天候の中、各選手は冬支度で闘っていた。

スポンサードリンク

極寒の全米女子オープン

3日間首位を守ってきた渋野日向子は寒さのせいでショットが

定まらず4位となった。

各選手も頑張ったがオーバーパーがほとんどだった。

そんな中、優勝したのは韓国のキム・イェリム選手だった。

この天候になか6バーディー・2ボギーの4アンダーで上がり

通算3アンダーで優勝を勝ち取った。

順位 選手名 スコア TODAY
キム・イェリム -3 -4
2T コ・ジンヨン -2 -3
2T A・オルソン -2 +1
渋野日向子 -1 +3
5 M・カン +1 +1
6T インビー・パーク +2 -3
6T イ・ジョンウン6 +2 E

渋野は前半2番と7番でボギーをたたき、後半は10番、

11番でボギーをたたき、13番で初バディーを入れたが、

17番でバーディーを狙いショートしてパーパットが

入らずボギー。

渋野の優勝がこの時点でが消えた。

しかし最終18番で最後の意地を見せた。

最終18番ではパーオンしたが13メートルピン左奥に乗せて、

絶望感があったがラインをしっかり読みスライスラインを

見事にねじ込んだ。

久々に少ない笑顔を見せてくれた。

過酷な女子メジャー最終戦をよく頑張りました。

今年の前半から調子が悪く心配されたが、後半になり

成績も上向いてきた自信がここまで闘えたのかな?

でもこの頑張りで世界ランクが3ランクアップで13位に

上がり、ひその代わり古江彩佳が16位にダウンした。

日本人選手の結果

順位 選手名 スコア TODAY
11T 高橋彩華 +4 E
13T 岡山絵里 +5 +1
13T 笹生優花 +5 +1
23T 畑岡奈紗 +7 +1
54T 稲見萌寧 +13 +6
60 河本結 +15 +9
61T 比嘉真美子 +16 +9
65 三ヶ島かな +19 +8

渋野のインタビュー

今回リーダーとして首位を来たのですが今回の乾燥は?

これが自分の実力だなあと思い、悔しい思いもあるのですけど

悔いは無いなあと思います。

今日のプレーについては?

今日はパーオンが4日間の中で一番少なかったと思うのですが、

その中で半分くらいは拾えたのかな?とは思いましたけど、

アプローチに対しては自身を持っていいのかなと

思えました。

やっぱりショットはプレッシャーがかかると

なかなか自分の動きができないんだなあというのが

再確認できたので、今日のゴルフはいろいろ

知れたなと思います。

今日のこの状況で4アンダーの成績を残した選手がいたということに

どう思いますか?

この様な気候の中でそのスコアが出せる人は、多分どの試合でも

勝てる選手というかそれが本当の姿というか、その人は

凄くに強いなあと思います。

そう言ってインタビューを終えたが、内心は闘争心が

かなり燃えてきたと思います。

スポンサードリンク

まとめ

この過酷な全米女子オープンはAIG全英女子オープンとは

比べ物にならないほどプレッシャーがあったと思う。

それに追い打ちをかけるように極寒のプレー。

最後には耐えきれなく、4位に終わったが本人は

来年こそはと思っているだろう。

これからオフを迎えしっかり鋭気を養って来年に

向けて発進してください。

本当にお疲れさまでした。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする