ゴルフの基本‼ レイアップでの距離合わせと落とし場所の確認!

ゴルフは飛ばしたい、乗せたい、と言って何が何でも

グリーンに乗せたい気持ちはあると思います。

初心者のあなたは特にそのような気持ちがあると思います。

私も初心者の頃は飛ばしたい、乗せたい、いいところを見せたい

といつも思っていました。

結果としてはいい時もあるが、ほとんどが無理な攻め方

だったと反省しています。

ゴルフには「レイアップ」とか「刻む」という言葉があります。

プロゴルファーは戦略的に多く使っていますがアマチュアは

あまり使いません。

今日はレイアップについていろいろ見てみましょう。

スポンサードリンク

レイアップの考え方

レイアップは少しでもスコアを良くする考え方です。

アマチュアもこの考え方をすれが5打以上スコアが良くなると

思います。

アマチュアは先ほど言った飛ばしたい、乗せたい、いいところを

見せたいということが先になっており、スコアは二の次になっている。

レイアップは「飛ばす」を「止める」に置き換える必要がある。

よくある話ですが「この池は越えるはず」と思ったが「池ポチャ」

プロゴルファーでもナイスショットは10球中、2~3球しか出ないのに

アマチュアがいつもナイスショットが出るはずもない。

池の手前で止める。

そのために何ヤード打つのかを決めてしっかり打てば

ナイスショットにつながる。

中途半端でしっかり当たれば池は超えると思うなどと考える人は

池ポチャの確率が増える。

ショットは迷って打ったら思うようには行かないものです。

プロはどこに打つかは決めているから迷わずショットができ、

しっかり打ててる。

アマチュアは定まらいうちからショットをしてしまう。

これではナイスショットは無いです。

しっかり決めて、そこに打つ決断が大切です。

それとレイアップする時は飛ばさなくていいからスイングも

コンパクトになり、力みが無くなり、ナイスショットが出る。

これも練習場で止まる練習を行うと距離感を養える。

ゴルフは距離感の勝負だから距離感を養うことはとても

重要です。

スポンサードリンク

グリーンを狙う距離はどう計算するか

グリーンを狙える距離はどう計算するかですが、

グリーン近くに運べばいいというわけではありません。

それよりしっかり打てる距離を残す方がグリーンオン

しやすい。

グリーン近くが悪いというわけではありません。

近くでも中途半端な距離だとかなり難しい。

それよりフルショットで打てる距離を残した方が無難。

9IやPWのフルショットを基本距離と考えたほうがいいです。

そして残り距離が決まったら止める場所を考える。

そして止める場所が決まったら、距離に対して2割以内の

所にボールを落とす。

例えば100ヤードであれば、2割だから20ヤード。

だから100ヤード地点を中心に直径20ヤードの

円をかき、その地点に落とす。

前後左右10ヤード以内ならオッケーとする。

スポンサードリンク

グリーンオンするには何処に落とすか

グリーンは平均的に約30ヤードくらいの大きさです。

ですからグリーンセンターを狙うことがとても重要です。

もちろん縦長、横長と形状そしてアンジュレーションなど

いろいろ考える事が多いです。

初めてのコースは情報がなく不安と思いますが、センターが

一番いいところです。

コースガイドでグリーンの傾斜ぐらいはわかると思います。

その時のピンの位置の状況ですがあまりにも受けグリーンで

傾斜が強かったら少し手前に落とし手前から攻めたのがベスト。

この様にある程度状況を把握して安全な所を探して

乗せることが基本になります。

まとめ

ゴルフはミスを減らしていかに少ない打数でホールアウト

するかのスポーツですからとても奥の深い競技です。

それには「君子危うきに近寄らず」ではありませんが

距離感を養って冒険を少なくして、考えながら楽しむ

スポーツです。

仲間と楽しんでいつまでも行えるゴルフにしたいですね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする