負けん気の渋野日向子、パターでの勝負

その渋野選手も、もって生まれた天性があると思いますが 努力の人だと思います。 小学生の頃からゴルフとソフトボールをやり、自然に根性も ついてきた。 そして4番でピッチャーを務めた勝気のある子に育ち、 相手に打たれると「次の打席では絶対に打たれない」と考え、 「何ならデットボールあてたろか!」と言うくらい 負けず嫌いだった。 この時には「強きに攻める」という気持ちがついていたのだと思う。 中学に入り野球部に入部したが「岡山県ジュニアゴルフ選手権競技」 で優勝してしまいました。