フェースを正しく返して飛ばないスライスボールをなくそう!!

ボールがスライス回転でスライスしてしまう方ため、

手を返していますが上手くいきません。

という声を聞きますが皆さんはどうですか?

私の打ち出す方向の基本は、フェアウェイとラフの境界あたりを

狙って打ち出します。

するとフックがかからない時は真っすぐに飛び、フックが

かかった時はファウエーに落ちます。

基本スライスは出ません。

もしスライスが多いという方はクラブのフェースが右を

向いていることが考えられます。

その原因は手が返っていないと思います。

手を返しているつもりですと言いますが、返し方が間違って

いると思います。

スポンサードリンク

手首の返し方

クラブの返し方を間違えている方は、クラブが遅れないように

ボールに当たる前に手首を返してしまう方がいます。

その時の手首の返し方は左手の甲側に手首を折り曲げる

だけの人を見かけます。

これは間違った返し方で、この方法だとフェースを返した

つもりですがこすり玉が出てスライス回転になりボールは

飛びません。

また左手首を甲側に折るためヘッドが左を向いてボールが

左に引っ掛かってしまう事もあります。

ではフェースを返さない打ち方と返す打ち方がありますが、

あなたはどっちでしょうか。

どちらがいいかというと私はフェースを返す方です。

フェースを返さない打ち方はダウンスイングでフェースを

閉じた状態にして打つ事になり、パワーのある人はいいのですが、

パワーのない方は飛ばないスイングになってしまいます。

ですからフェース面を返しながら打つ方が楽に飛ばせますし、

ヘッドスピードを上げるための動きでもあります。

どちらかと言うとフェースを返しながら打った方がスライス

にはいいかと思います。

それではフェースの返し方について言いますと、自分から見て

シャフトを軸に時計回りに回すとフェースが開くことになり、

反時計回りになるとフェースが閉じると言う動きになります。

悪い動きの左手首を甲側に折る行為はフェース面を返すと言う

ことではありません。

まずこのフェース面を返すという返し方を練習すればスライスで

悩んでいる方は最高の練習になります。

始めは返すことがわからないかもしれません。

これも練習です。

数をこなして練習すると返すタイミングがわかってきます。

この練習で正しい返し方を覚えれば弱々しいスライスボールとも

お別れで、力強いドローボールに変身します。

スポンサードリンク

ドローボールが出る練習方法

まずは7番アイアンで練習します。

スイング幅としては肩から肩のハーフスイングでいいです。

このスイングのチェック方法はスイングした後の手首の形を

見るとよくわかります。

肩まで振った後に手首が真っすぐになり、フェース面が少し

下を向く形になればオッケーです。

悪い形は手首が甲側に折れてフェース面が上側を向く形は

フェースが返っていません。

まずインパクトの形をして、そこからボールを押してください。

その時の肩の位置で正しい手首になっているかをチェックして、

それができるようになったら、肩から肩までのゆっくりの

スイングでいいですからクラブをボールに当たる所から

反時計回りに回転させながら打ってみてください。

この時にボールは左回転で左に曲がっていきます。

これがドローボールの第一歩です。

この練習ができるようになったら普通のスイングで肩から肩の

スイングで打ってみてください。

始めは返す瞬間がわからないと思いますが、ボールが左に曲がって

いけば合格です。

その後はフルショットで練習してみましょう。

そして最終の形はボールが少し右に出て左に曲がってくる感じが

出れば最高です。

次はドライバーで練習してみましょう。

する動作はアイアンの時と同じですからボールが左に曲がる

ように練習してください。

スライスボールが出ている時とはかなり感じが違うと思います。

スポンサードリンク

まとめ

基本がわかれば、後は応用ですから大きなミスは出ないでしょう。

ドローボールは気持ちいいですね。

もちろんフェードボールもいいです。

両方打ち分ければラウンドしてもコースなりに打てて

楽しみが倍増しますね。

まずはドローボールで楽しみましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする