笹生優花 優勝に届かず!ロッテ選手権 最終日

1打差の単独首位で出た元世界ランキング1位の

リディア・コーは7バーディーでノーボギーの65で、

2位に7打差をつけてぶっちぎりの優勝をはたした。

2位タイはN.コルダ、L.マグワイア、キム・セヨン、朴仁妃の

4人がつけ、6位タイに19アンダーの笹生優花、

ウェイリン・スー、S.シュメルツェル、ジェニー・シンの

4人が入った。

今年のリディア・コーは強い。

ケインブリッジ選手権で2位

ドライブオン選手権で8位

キア・クラシックで26位

ANAインスピレーションで2位

そして今回のロッテ選手権で優勝と安定した成績を残している。

笹生優花は通算19アンダーで6位タイは立派です。

一時は優勝という声はあったがツワモノぞろいのアメリカでは

上出来ではないか。

しかしこの経験が次の笹生の糧になることは間違えないだろう。

「この一週間はいろいろな名選手と一緒することができ本当に

楽しいいゴルフができたと思う。

特にリディア・コさんと回れたのはとてもよかった。

結果は6位ですが気持ち敵には幸せです」

と笹生は前向きに話した。

これからの目標のアメリカ参戦の幕開けになったことは

確かだ。

渋野日向子は6バーディー・4ボギーの70で回り、

トータル13アンダーで33位タイでココナツのゴルフは

終わった。

この日もスタートホールの1番で池ポチャスタート。

「もう、初っぱなよ…なんでやねん!(笑)。

かなりメンタルにきました」と渋野は反省

最終日は絶好調だったティーショットがばらつきバーディーが

とれなかった。

しかしその反面、いくつかの引き出しを出し始めた。

それが成功して間違いなく収穫はあったと思う。

その証拠にピンチでも崩れることなく、すぐに気持ちを切り替え

次につなげたことは大きい。

次はシンガポール、タイの2連戦。

頑張ってください。

畑岡奈紗は今週は自分の週では無かったみたい。

イーブンパーの5アンダーで72位タイに終わった。

畑岡は次戦から巻き返しがあると思います。

スポンサードリンク

まとめ

それにしても今週のリディア・コーは強すぎた。

笹生の頑張りもリディア・コーには通用しなかった。

次戦は今回出場した7選手で巻き返しをしてください。

みんな成長しているから頑張れる。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする