100切りゴルファーからの脱出!考え方!!

ゴルフを始めてからなかなか100を切れないという人が

かなりいると思います。

私もそうです。

私の場合は初ラウンドが135、2回目が140でした。

情けないやら恥ずかしいやらで逃げたくなりました。

100切りができたのは1年くらいたってからです。

でもその時は100前後が3か月くらい続き、90前半に

なってからは100以上は叩かなくなりました。

では何故100が切れなかったかを説明していきます。

スポンサードリンク

自分の欠点はなんなのかを考える

あなたも経験があると思いますが、練習場に行って

何を練習しますか?

OBをいっぱい出したからと言ってドライバーの

練習ばっかり行っていませんか?

またパターが入らないからパターの練習を多くやっている。

わかりますが、それでは全体のレベルアップには

ならないと思います。

OBを3~4個出しても6打か8打のプラスです。

ではなぜ100を切れないかということを考えて

行かなわないとスコアは良くなりません。

ボギーぺースできてOB3発出しても100は切れます。

他に何があったか?

例えばアウトコースをボギーぺースでインコースをダブル

ボギーペースにしても99です。

それを考えると100を切れないあなたは他に

大叩きがあるはずです。

トリプルボギーまでなら何とか前向きな考えができるが、

二桁スコアになると100切りを諦めてしまう。

スポンサードリンク

スコアメイクの考え方

私の場合は100前後が3か月くらいかかりました。

その時考えたのは前半に大叩きをしても後半で何とか

40代が出れば、そのラウンドはよしとして一日が終われる。

ですから100前後の時はなんとか大叩きを無しにしていく

ということをテーマにしてラウンドしました。

もちろん練習場ではコースをイメージして決めた場所に

ボールを落とす練習はしました。

これがただ打つだけの練習では伸びないと思います。

100を切れないあなたはまず一本得意クラブを作れると

スコアメイクができるようになる。

例えば7番アイアンが得意として7番で130ヤード飛ぶ

事にして400ヤードのミドルコースを攻める時。

心配なドライバーでなく7番アイアンを3回打てば

390ヤードになり、後はアプローチパターで良くてボギー、

悪くてもダブルボギーのスコアなることができる。

後は一本得意なフェヤーウェイクラブを作ってもらうと

コースでは十分武器になります。

「ここはフェヤーウッドで行ける」とか考えてくると思います。

そうすればゴルフも楽しくなります。

まずは得意クラブを作ってもらうことがいいと思います。

そうすれば他のクラブも使えるようになってくる。

クラブ選びはフルセットでなくても良い

クラブは初めてだからんでもいいというのではなく、

フルセットにしなくてもいいと思う。

1W、5W、7W、6番からPW、AW、SWの

10本で充分だと思います。

この時は簡単なクラブですが、いいクラブをおすすめします。

良く売っているハーフセットのクラブはバランスが悪かったりして

しっかりしたスイングが身につかないと思います。

今は飛ぶクラブが流行りだして使う人も多いと思いまが、

100切りの人は普通のクラブでいいと思います。

まずは優しいクラブでしっかりクラブが振れるように

して、だんだん当たるようになって物事がわかるように

なったら、ワンランク上のクラブに交換していけばいいと

思います。

スポンサードリンク

ラウンドでの注意点

良くラウンドすると100を切れないあなたは

かなり緊張すると思います。

その緊張をほぐすのによいのが深呼吸です。

まず口から体内の息をすべて吐き出します。

それから空気を鼻で吸い込み、また口で吐き出します。

これで筋肉の緊張を和らげていきます。

他には全身の筋肉を緊張させ、スッと全身の力を抜く

方法もあり、試してください。

またかっこよく打ちたいという気持ちがあって逆に

緊張してしまう。

この様に緊張によってスコアを崩すことが多いです。

また無理な攻め方が墓穴を掘ることがあります。

「ここは一歩引いて安全策で行く」という気持ちは

あまり無いと思います。

そして無理して攻めると最悪になるケースが多いです。

これも一回や二回で考えを変えてくれたら成功ですね。

何回も同じことを繰り返しているようでは成長しません。

あなたはグリーン周りでのアプローチは何を使いますか?

この時よくあるのが、その場の状況を考えず、アプローチは

SWに決まっていると決めるが、パターのが良くない、また

PWの方が良くない、ということがまだ判断できず。

ザックリ、トップが出る失敗が多く、その状況にあった

判断ができていない。

これも1・2回の経験で覚えなくてはいけません。

私はSW,AW、PW、パターを持って現地に行って

3本のクラブでその状況に応じたクラブを使います。

プロでもその状況で一番優しいクラブを使います。

その状況でのジャッジが上手くできないとスコアにならない。

まず100切りゴルフではドライバーはそこそこ前に

飛んでファアウェアにあればOK。

常にトラブルショットでもフェアウェアの出す。

そして次打も距離を考えて、墓穴を掘らないマネージメント

をしていくことが上達のカギだと思います。

まとめ

100を切るには練習が大切ですが、コースを考えた練習を

しっかり行い、得意クラブを作る。

コースマネジメントはできないかもしれないがそれに近い

マネージメントを養う。

プロと同じことを行っていたら墓穴を掘る。

安全策をとって自信があったら攻める。

自分の欠点を見つけ、改善していく。

100切りを目指して頑張りましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする