ブリヂストン『TOUR B 201CB』アイアン! 楽しいゴルフ!

私は思い切ってアイアンを購入しました。

それはブリヂストン『TOUR B 201MCB』アイアンです。

そのもので「欲しい」という気持ちが湧き出てきました。試打をさせてもらいましたが、自分の欲しかったクラブ

しかし金銭的には発売したばかりなので安くはなかったです。

今回はこの『TOUR B 201CB』アイアンの振り心地を紹介します。

スポンサードリンク

ブリヂストン『TOUR B 201CB』アイアンのスペック

ヘッド素材は軟鉄(S20C)

番手     4  5  6  7   8  9  PW
ロフト角  21.5 24.5 27.5 31.5  36  41  46

シャフトN.S.PRO MODUS3 TOUR105 (S)

バランス  D2

『TOUR B 201CB』アイアン テクノロジー

・グラビティコントロールデザイン

ロング番手は安定性、寛容性を

ショート番手は操作性、キレを重視

ヒール~センターはヘッドを入れやすくセンター~トゥは

当たりと抜けの良いソール形状を採用

・高弾道スリット構造(#4、#5)

低重心高MOI設計としながら、打点部に台形状に

厚肉部を残して打感を損なわないよう設計

ロングアイアンに求められる高さのある飛びと許容性を追求

・わずか0.02mmにこだわったグルーヴデザイン

フェース面の溝のピッチを全番手3.60mmの

一律設計から番手ごとに変更

#4~6は、3.50mmへ

#7~9, PWは、3.48mmへフロー

低ヘッドスピード領域で効果が出る新溝形状へ変更し、

スピンの安定性を高める

引用 https://www.bs-golf.com/bs-products/tourb/tourb_series/iron/201cb/

試打した感想は打感がいいと言うことと、バランスがとてもいい。

それに顔がいいですね、ソールは薄く自分が欲しがっていた

クラブがやっと出たという感じです。

見た目もカッコいいと思います。

前のクラブは同じくブリジストンのTOUR B JGR HF3を使ってました。

そのクラブは飛び系のアイアンで#7番のロフト角が28°あり、

私の力でも150ヤード飛んで、#4番では180ヤード近く飛びました。

しかしちょっとソールが厚く、少し違和感があり、

シャフトはN.S.PRO 950GH neo (S)を使ってました。

スポンサードリンク

TOUR B 201CBアイアンでの初ラウンド

ラウンド前からワクワクした気持ちでラウンドしました。

皆さんもワクワクしたと思いますが、それは嬉しいものです。

ティーショットを打ちセカンドショットの地点に来て、距離を

確認して#7番を取り出しました。

このクラブは今までのクラブより10ヤード飛ばないことを

頭の入れ、140ヤード先のグリーンへショットしました。

ちょっとショートでした。

まだ体が温まらないから仕方がないと諦め、アプローチ・

パターでボギーとなり次のコースへ進みました。

前半を終わり、スコアは42で昼食になりました。

前半で分かったことは距離的にはやはり10ヤードは落ちている。

しかし、そんなに振っている感じはなくナイスボールの球が出ていて、

左右のブレが少なく、#5アイアンの高さも文句ありませんでした。

後半は寄らず入らずのダボが2回あり。スコアは44で、

トータルは86でした。

私としては上等です。

ショットは気持ちよく振れたしこんなアイアンに出会えたことは

最高です。

スポンサードリンク

まとめ

前まで使っていたアイアンは悪くは無かったのですが、気になることが

少しでもあるといやになりますね。

でもこのTOUR B 200MBアイアンを試打してからはとりこになりましたね。

これからは最高のアイアンでゴルフ人生を楽しみたいと思います。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする