芦田愛菜 「信じること」を熱弁‼ 監督、共演者から感嘆

この『星の子』の映画の完成報告イベントに登壇した

芦田愛菜は「信じること」について熱弁をすると

共演者からも褒められる。

スポンサードリンク

芦田愛菜の熱弁

この映画は芥川賞作家・今村夏子の同名小説の実写化した

作品である。

監督は大森立嗣監督、共演者は永瀬正敏、原田知世で

「ちひろ」の両親役を演じています。

芦田愛菜は「信じること」とはどういうことですかと、

質問を受け「信じる」について芦田は「裏切られたとか

期待していたとか言うけど、その人が裏切ったわけではなく、

その人の見えなかった部分が見えただけ。

この考え方は凄いと思う。まだ16歳ですよ。

私なら半信半疑で訳が分からなくなります。

見えなかった部分が見えたときに、それもその人なんだと

受け止められることができる、揺るがない自分が

いることが信じることと思いました」

と高校生とは思えない回答を披露。

そして「揺るがない軸を持つことは難しい。

だからこそ人は『信じる』と口に出して、成功したい自分や

理想の人物像にすがりたいんじゃないかなと思いました」と

言葉の中に潜む人の心理を指摘した。

この答えにメガホンをとった大森立嗣監督(49)は

「難しいよ!」と感嘆。

永瀬も「これ以上の答えはないですよ」とたたえた。

「ちひろ」とは芦田愛菜が演じる中学3年生の女の子である。

スポンサードリンク

星の子のストーリー

物語は家庭の幸せを信じて、様々な困難や葛藤を乗り越えようと

頑張る少女の物語です。

幼いころ病弱だった主人公のちひろを怪しい宗教が救った。

そしてその怪しい宗教に家族がのめりこんでいくという話。

ちひろが5歳の時、夜中に激しいかゆみに悩まされ、

泣き叫んでいた。

両親はどうすることもできず、父の同僚の人に相談をしたところ

万病に効く水があると聞き、その水ををもらい受け、毎日ちひろの

身体を洗い続けたら、2か月くらいで治ってしまった。

その同僚は怪しい新興宗教団体に入っていました。

その団体は怪しげな水とか、水晶を販売しており、広大な

教団施設も持っていた。

ちひろの両親はその教団の活動にのめり込んでいく。

ちひろには姉のまさみがいたが、教団にのめりこんでいく

両親には反発していた。

ちひろも両親もこれが普通の状態だと思って疑わなかった。

姉は家出をしてしまいました。

最後には教団の施設で、両親と3人で星を眺める場面で

深く考えさせられる。

スポンサードリンク

まとめ

一人の思春期を迎えた少女だが、幼いころから両親に愛情を

いっぱいもらい幸せだった。

高校に入ってからだんだん自立ということに気が付いていく。

人はいろいろな環境で生活をしているから何が幸せなのか

分かりませんが、その人その人の思いはみんな違うと思います。

よくわかりませんが、最後に「よき人生だった」と思える

人生がいいですね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする