原英莉花、西郷真央、笹生優花のジャンボ軍団「女子部」

NEC軽井沢72ゴルフトーナメントで見事優勝して

一躍有名になった笹生優花。

女子版のタイガー・ウッズである。

昨年プロテストに合格して、今期3戦目で2勝している。

賞金額も5900万円とぶっちぎりで稼いでいる。

父親が日本人で母親がフィリッピン人のハーフです。

8歳からゴルフを始めて、小学3の時に練習環境のいい

フィリッピンに移ったそうです。

弟と妹の3人兄弟です。

14歳の時、フィリッピン女子ツアーでアマチュア優勝して、

アジア競技大会でフイリッピン代表で金メダルを獲得。

そして日本のプロテストに合格して、ジャンボ尾崎さんに

弟子入りして環境の良い練習場で切磋琢磨している。

ジャンボ尾崎さんと言えばゴルフファンならだれでも知っている

と思います。

「AON」で知られる青木、尾崎、中島の3人がゴルフ界を

引っ張っていた。

尾崎はジャンボ軍団を作り多くのプロゴルファーを輩出してきた。

そんなジャンボ軍団で今話題になっているジャンボ軍団

「女子部」が騒がしくなっている。

スポンサードリンク

ジャンボ軍団「女子部」

まずは押しも押されぬシード選手の原英莉花である。

まだまだ無名であった高校1年の時、ジャンボ尾崎の弟子に

させてもらい、メキメキと腕を上げ18年度のプロテストに合格し、

黄金世代を引っ張ている花形ゴルファーにまで成長した。

昨年はリゾートトラスト レディスで優勝し70,769,927円の

賞金を稼いでいて黄金世代の顔となって活躍してきた。

今年は5Tが最高位であるがこれからの活躍が期待される。

西郷真央は高校入学前にジャンボ尾崎のゴルフアカデミーを受け

1期生合格を果たしている。

高3の時、日本女子アマ選手権優勝し、昨年の11月にはプロテスト

にも合格し、「せごどん」と呼ばれている。

そこに笹生優花が弟子入りを認められ、ジャンボ軍団「女子部」になった。

笹生優花といえば初戦のアース・モンダミンカップで5Tとなり、

続くNEC軽井沢72ゴルフトーナメントで優勝、そして

ニトリレディスゴルフトーナメントでも優勝をさらった。

スイングは男子並みのスイングで飛距離も凄いし、安定感がある。

それもそのはず、規格外のルーキーであった。

スポンサードリンク

笹生優花のトレーニング

その秘密は父がコーチになり、トレーニングを指導してきた。

毎日、朝5時からトレーニングを始めるのですが、優花の両足に

250gのおもり(アンクルウェイト)をつけてのランニングに加えて、

自転車もこぐようにしました。

そして80kgのバーベルを持って、10回のスクワット、

ラウンド中は500gの重りをつけてのプレーです。

しかし彼女は文句を言わず、父の指導に従ってきた。

それは優花が8歳の頃から強くなりたいと、父に訴えていた。

それが原動力になっていたのだと思う。

スポンサードリンク

まとめ

ジャンボ尾崎の前でスイングした時、ジャンボは唖然とし、

「一体どんなトレーニングをしてきたの」と驚いていた。

その先は世界へ飛び立つと思うが、それまではジャンボ軍団

の「女子部」として日本ゴルフ界を盛り上げて行ってください。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする