全英女子オープン 渋野日向子 ロイヤルトルーンGC 攻略なるか

20日開幕の今季メジャー初戦AIG全英女子オープ

8月20日~23日にスコットランドのロイヤルトルーンGCで行われる。

このコースは1878年に設立された名門で全英オープン

の舞台である。

スポンサードリンク

ロイヤルトルーンGCコースの紹介

難易度の高いコースでリンクス特有のラフ、そして入れては

ならないバンカーなど、とても厳しいゴルフ場です。

有名ホールが8番パー3の「ポステージ・スタンプ」です。

これは切手のように小さいグリーンと言うそうです。

普通に素人でも簡単そうなショートコースですが、ティー・

グランドから見るとグリーンは小さく、その周りには

5つの深いバンカーが口を開け、複雑な起伏の丘が

取り囲んでいます。

そのため正確なショットが必要になってきます。

しかし神様のいたずらで、強い海風をが出たらとても大変です。

ゴルフをやられる方ならわかると思いますが、ボールが風に

乗ったら「さあ大変」ボールの行方は風しか分かりません。

ラテン語でこんな言葉があります。

「TAM ARTE QUAM MARTE]

(タム アルテ クワム マルテ)

力と頭脳を使って、攻めろ という言葉が使われています。

ちなみに日本人選手は1982年第111回の全英オープン

において倉本昌弘選手が手にした4位が最高位です。

全英に向けての渋野の取り組み

そんな難コースに日本人選手が参加します。

大本命はたおかい2連覇を狙える渋野日向子です。

スポンサードリンク

渋野日向子の成長

先週のスコットランドオープンでは14オーバー、132位で

自己ワースト記録で予選落ち。

風の強いリンクスで初めてプレーして自分でもわからないくらい

洗礼を浴びました。

それからは全英に向け猛特訓です。

とくにパターよりはハーフショット、グリー周りのアプローチ、

バンカーを中心に練習を重ねてきた。

今季からはウエッジを56度から58度に変更し、1日500球

の打込をして猛練習をしてきた。

これはロブショットやグリーン周りのアプローチの種類を

増やすために取り組んできたという。

今週はスマイル・シンデレラという言葉までが浸透していた、

全英オープンです。

先回優勝者ということでビップ待遇で、専用駐車場もあったり、

いたるところに渋野の写真があったり、チャンピオンとしての

試合を迎えられることに誇りを感じたそうです。

連覇ということで、歴代を見てみると03~05年全米女子

選手権のアニカ・ソレンスタム、11~13年同大会の朴仁妃

の2人。

今回渋野が勝てばメジャー2連覇達成となる。

今回の組み合わせ

先週のスコットランドオープンでかなりの収穫があった

はずですから、それを生かしてAIG全英女子オープンに

挑んでもらいたい。

今回の組み合わせは、

8:09 AM  畑岡奈採、N・コルダ、G・ホール

8:31 AM  上田桃子、M・カン、J・エワート

12:38PM  稲見萌寧、L・トンプソン、インビー・バーク

12:49PM  渋野日向子、B・ヘンダーソン、A・ブハイ

01:00PM  河本結、M・リード、A・V・ダム

03:06PM  野村敏京、M・トムソン、D・フィンケルスティン

スポンサードリンク

まとめ

今回のロイヤルトルーンGCは屈指の難関コースを日本人選手が

どう向き合うのか。

渋野日向子は昨年から今季にかけて、この大会抜向けて

体力を作り、練習もかなりハードな練習をこなしてきた、その結果は?

他の選手も同様に今大会に照準を合わせて来たと思う。

皆さん、悔いの残らないように全力で立ち向かってください。

応援しています。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする