渋野日向子 オリンピックイヤー発進

2019年は「時に人」になった「スマイルシンデレラ」

渋野日向子は年末からメディアなどで大忙し。

テレビで出演する回数がとても多く楽しませてもらいました。

今年になってからサントリーとの所属契約が正式に発表され、

5年の5億円の大型契約だ。

他にもいろいろ高額を出す企業があったが、長いことゴルフを

応援してくれてジュニア育成にも協力してくれている

サントリーすることにした。

スポンサードリンク

サントリーと言えば宮里藍

ントリーと言えば宮里藍が契約をした会社である。

サントリーとしては渋野日向子の明るさはサントリーの

企業イメージにぴったりと判断、お互いにいい契約であった。

渋野日向子は宮里藍が作ってきた道を歩くことができ、とても

心強いことです。

その会場に宮里藍が応援に駆け付け固い握手を交わした。

宮里藍は来年から米女子ツアーに参戦する渋野から心配事を

聞いてみた。

渋野は「心配なのが英語。どう勉強したらいいかわからない」

弱音をはき、宮里に聞いていた。

宮里は自分が米女子ツアーに参戦した時の話を聞かせた。

「始めは私も話せなかった。しかし食事と一緒ですぐになれる」

とアドバイスして渋野を落ち着かせた。

また宮里は米女子ツアー内にネットワークを持っているから

渋野に対しては心強い。

あの畑岡奈紗のマネージャーは宮里の旦那だからです。

渋野日向子にとって100人力です。

スポンサードリンク

オリンピックイヤー

今年はオリンピックの開催される年だから出場枠に入れるよう

女子ゴルフ界も各人が目標をもって頑張っている。

河本結は今年からアメリカ参戦でアメリカに飛び立っている。

現在は畑岡奈紗、渋野日向子、鈴木愛が名前が上がっているが

下剋上だからが黄金世代やプラチナ世代もチャンスは十分ある。

昨年の「シブコ」のようにシンデレラガールが現れるかもしれない。

みんなの目の色が変わっている。

渋野も安心していられない。

年末年始はTVやイベントが続きスター並みの忙しさだった。

今年に入ってからは3日から練習が始まり1200球の初打ちを

行い、今年に向けてスタートした。

世界ランクを確実に15位以内にするには世界のツアーで

上位につけてポイントを稼ぐ事です。

中でもメジャーや米ツアーはポイントが高く、ここで上位とか、

優勝すればポイントはかなり上がる。

そのためタイの合宿に行き本格的に打ち込まなければ

オリンピックは夢となる。

スポンサードリンク

タイでの合宿

タイでなぜ合宿するか言うと、その理由としてグリーン周りの

難しさだと思います。

日本のようにグリーンを外しても何とかボールは止まります。

しかしタイのほとんどのコースはラフがありません。

そのため確実なショットで載せないとグリーンには乗りません。

まるっきり米PGAツアーのような難しさです。

「上げるのか」「転がすのか」「上げるのは高さは」「転がすなら

強さは」とかなり難しいのです。

今年の渋野はアプローチの引き出しを増やすことが絶対である。

そのためここでの合宿はとても重要である。

今後の渋野の予定はちょっと強行日程となる

27日から10日間タイに滞在してみっちり打込みとアプローチ。

2月前半に一時帰国して中盤にタイに行き、タイの環境にも慣れる。

そして今季の初戦はタイで開催の米ツアーのホンダLPGAタイランド

(2月20~23日、サイアムCC)

翌週はシンガポールに渡り、HSBC女子チャンピオンズ

(同27~3月1日、セントーサGC)

そして帰国して、国内開幕戦となるダイキンオーキッドレディース

(3月5~8日、沖縄・琉球GC)に出場する。

まとめ

去年では味わえなかったスケジュールこれは大変ですが

「やるしかない」。

主だった選手もタイで合宿する。

みんな自分のレベルアップとオリンピック、賞金女王等の称号を

取るためです。

今年も頑張ってケガをしないように女子ゴルフ界を

盛り上げていってください。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする