ショートアイアンでのライン出しの基本

今日はショートアイアンのスイングについて

話します。


ティーショットが完璧で、残り120ヤード

の所まで飛びました。

これはピンをデットに狙ってバーディだと思い。

ちょっと短めのクラブでフルショットしました。


その時100%のスイングだから力が入り

左に引っ掛けた事がありませんか。

私は良くあります。


まずショートアイアンは必ずグリーンに

乗せるクラブです。

それを引っ掛けてグリーンをこぼしたり、

ロングパットが残ったりしますとパーが

難しくなります。


結局、アプローチが寄らず、

ボギーになってしまう。

またスリーパットでボギーになってしまいます。


こんな経験はないでしょうか。


ショートアイアンは番手の距離をしっかり

把握して80%の力でスイングするの最適だと

思います。

スポンサードリンク


ライン出し


そこで「ライン出し」のショットを学びましょう。

いつものスイングだとどうしてもスピン量が多くなり

目標に飛んでいかない。


スピン量が多いと風に負けたりして確実な

ライン出しは難しくなってくる。

ライン出しはいかにスピン量を少なくするかで

決まってきます。


1、ボールは真ん中に置き、グリップを短く持つ

  これはクラブを短く持つとシャフトのしなりが

  抑えられる。(シャフトが硬くなる)


2、フィニッシュはバレーボールのレシーブのイメージで

  手首は固定して、クラブを返さない。

  いつの通りクラブを立てるとボールは上に上がる。

  これでは風の影響を受ける。

3、スイングは少し遅めにする

  振りはいつもより軽く振り、長く低いフォローで

  バックスピンの量を減らす。

  そのため番手を上げる。

  ※クラブは1~2番手あげる。

スポンサードリンク


ライン出しの練習方法


プロゴルフの番組を見ていると、解説者が

「ライン出しですね」とか「ライン出しを

してきます」と言っていることをよく耳にします。


ショートアイアンでピンを攻めるにはライン出しが

良いです。

ライン出しとは自分のスイングプレーンをなぞって

スイングする事なので、飛ばそうとして

ローティーションは使わななく体の回転で打つ。


練習方法として腰からこしまでのスイングをする。

そして少しづつ上げていき肩から肩のスイングまで行う。

この時両腕と肩のラインの三角形を崩さず、

手を使わないでボディターンでクラブを振る。


50ヤードのアプローチをするという感覚で

スイングする、と言うことはヘッドスピードを

速くするとかは考えず、クラブを上げたスピードと

同じような気持ちで体で引っ張る。


まずは50ヤードのアプローチをしっかりやり、

次は80ヤード。


できるようになったら番手を変えて同じ練習をする。

引き出しがだんだん多くなっていきます。

スポンサードリンク


まとめ

皆さんどうですか?

ライン出しの基本な分かりましたか。

私も最近ライン出しの練習をはじめました。

はじめっから100点は取れないから

少しずつね。


そうすればプロみたいにライン出しが

できるようになるよ。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする